冨士エコツアー"青木ヶ原樹海ミステリコース"

10月8日から1泊2日で、東京経営者協会様による

“第4期経営幹部のための人事・労務管理講座”の第2回目の研修が

富士Calmで行われ、2日目には冨士エコツアーサービスの屋外プログラムに

参加されましたのでご紹介致します。

日時:10月9日(土)

人数:9名様

コース:Bコース (青木ヶ原樹海ミステリーコース)

天候:小雨

 東京経営者協会様の協力で写真を提供していただきました。

 P1030865.JPG

 9:30  富士エコツアーサービスのバスに乗って

 ミステリーコースに向け研修所を出発です。

       

P1030858.JPG

   10:40 ”なるさわ道の駅”にて

   富士山の溶岩流によって、樹木がたったまま焼失し、井戸のように

 縦穴が残ったものが井戸型溶岩樹型です。

 この道の駅付近には合計12個の樹型が存在し、

 国の特別天然記念物に指定されています。

 

  10:50 移動すること10分、

  青木ヶ原樹海の入口に到着。

  いよいよ樹海の中へ・・・

 P1030875.JPG

 岩盤の上で根をはれずに、隣の根とからみあっています。

 固い溶岩の上でも養分を吸収する生命の力強さを感じます。

 樹海の中は土がなく、光もあまり届かない、

 静寂な空間です。

 

 11:20 歩き進むと、次は風穴に到着。

P1030894.JPG

穴の中からは冷気が漂ってきました。

今年の夏でしたらよい避暑になったことでしょう。

懐中電灯を消してみると、真っ暗。

非日常の世界です。

 

 P1030935.JPG                P1030940.JPG  

12:50 大室山にて~樹海から森林へ~ 写真は冨士エコツアーサービスのガイド、福田健史氏

 

  今までの針葉樹から、土壌の違いにより、ここでは広葉樹を見ることができます。

 溶岩流から免れた大室山は1,100メートルの標高で、

 植生の違う樹齢400年以上のブナやミズナラの巨木があります。

 空気が澄んでいて、とても癒される場所です。

 樹木が発する異なる香りのフィトンチッドが感じられます。

 ブナの巨木から差し込む光、ミズナラの板根は

 自然のすばらしさ、生命力、偉大さを感じられます。

 

 ご協力いただいた東京経営者協会様の今回のプログラムについて、

 感想を伺ってみました。 富士山の麓でしかできないことを、

 エコツアーを通じて自然に触れながら、研修生相互の親睦を深める目的があったそうです。

 ガイドによる溶岩や原始林の詳しい説明を聞くことができ、

 また自然に触れ貴重な体験ができ、異業種の参加者同士の

 交流も深まり、今回は雨が降っていたので、次回は天気の時に体験して

 みたいとのことでした。

 写真のご提供ありがとうございました。

 

 先日名古屋で開催されたcop10では企業の自然環境への関わり方が

 議題となっており、環境教育プログラムを採用する企業が増えております。

 生物の多様性から受ける恩恵を改めて認識するとともに、さらに多くの企業が

 環境教育プログラムを取り入れていくものと思います。

 富士Calmではその様な企業を応援致します。

 エコツアーに参加して、自然を感じ、自然に触れて、今わたし達にできる

 自然保護について話し合う、そんなプログラムを研修に取り入れてはいかがでしょうか。