体験型・アウトドア研修

富士Calmは体験型企業研修に力を入れています。
体験型研修 ・ アウトドア研修のプログラムをご紹介します。

プログラムイメージ写真

なぜ今「体験型研修」なのでしょうか。

PDCA cycle

現在、研修プログラムの主流は、座学型の研修から体験型・参加型研修へと移行しつつあります。社員は想定外の事態への対応や「指示待ち」からの脱却を常に求められています。会社には「自ら動ける」社員を多く育てたいという期待があります。能動的な社員は座学型研修で「言って聞かせる」だけでは育ちません。体験型研修を通して社員自身に考えさせ、周囲と意見交換し実際にやってもらうこと。そして振り返りを行ない改善を図ることによってのみ、心と体に「残る」学びが生まれるのです。

富士カームでは、以下の目的を達成する
体験型アウトドア研修を行ないます。 企業が課題とする様々な
人材育成研修に活用できます。

プログラム例

チームビルディング:企業のイノベーションに必要な個人の「自己変革」を促し、チームの「強さ」を醸成します。

チームビルディング

企業のイノベーションに必要な個人の「自己変革」を促し、チームの「強さ」を醸成します。

カーリング:24秒間にリーダーの瞬時のジャッジとチーム一体の行動力が求められます。

カーリング

24秒間にリーダーの瞬時のジャッジとチーム一体の行動力が求められます。

富士登山:富士登山を通じてグループのコミュニケーションスキル、状況判断力、危機管理力を高めます。

富士登山

富士登山を通じてグループのコミュニケーションスキル、状況判断力、危機管理力を高めます。

ロゲイニング:大自然でのオリエンテーリング。チーム戦略・リーダーシップが結果を左右する奥深い研修です。

ロゲイニング

大自然でのオリエンテーリング。チーム戦略・リーダーシップが結果を左右する奥深い研修です。

パートナー団体紹介

他多数

体験型・アウトドア研修に関するお問い合わせはコチラ